calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

メルマガ”ロハスニュース”

ロハスなニュースやお得情報を無料メールマガジンにてお届けいたします。是非ご登録下さい。
お名前

メールアドレス

栄養指導にデジカメを利用

0
    糖尿病で医療機関にかかると、毎日、食事の記録をつけるように言われることがある。面倒で、書き忘れることもあり、後で記入しようと思っても、記憶はあいまいだ。

    そこで代わりに、デジタルカメラやカメラ付き携帯電話で食事を撮影して、食事指導をするという方法が広がっている。

    川崎市の主婦C子さん(60)は今月、3日分の食事の写真を撮影して診療所に持っていった。25年ほど前に糖尿病と診断され、5年半前には腎機能も悪化した。ふだんから食前に血糖値を測って食事の量を決めるなど、食事管理は自分なりにしっかりやってきたつもりだ。

    しかし、家族4人分を大皿に盛りつけ、取り分けるため、食べる量が多くなってしまうこともあるという。「写真を撮るために1人分を盛りつけるので、量や栄養のバランスを改めて考えるきっかけになりました」と話す。

    デジタルカメラは、手軽で画像データを何日分も保存できる。何をどのくらい食べたかも把握できるので、患者と医師双方にとって利点が多い。

    東京都福生市のTクリニックは、5年以上前からデジタルカメラを使って食事指導をしている。院長のTさん(52)は、「写真を見ながら指導した方が患者さんの頭の中に残り、実用的な話ができます」と説明する。

    「白菜をおいしく食べるにはどうすれば」。一人暮らしの男性患者(60)に質問された管理栄養士でTさんの妻、Kさん(47)は、「豚と白菜の蒸し煮」と「白菜のクリーム煮」の作り方を教えた。

    Kさんは「野菜をおいしく食べる工夫が大切です。野菜いためなら、いろいろな風味の調味料を利用するのもお勧め」と話す。

    冒頭のC子さんが通院するクリニックには管理栄養士がいないため、栄養分析の外注システムを利用している。撮影した写真を開業医向け「食事指導支援システム」を運営する業者に送ると、管理栄養士がカロリーや栄養素を分析し、指導書をまとめる。

    デジタル画像の技術が食事指導に新しい工夫を生み出した。患者としては、自分の食習慣を客観的に見つめるきっかけにしたい。

    【デジタルカメラを使った食事指導の利点】

     ・食事記録を紙に書くなどの手間を省ける

     ・食べたものの画像を見ながら栄養指導を受けられるため、視覚に残る

     ・デジタルカメラの撮影時間から、食べた時間が分かる

     ・何日分も保存できる

    (読売新聞より抜粋)



    糖尿病には良い水が不可欠です。

    家庭で電解還元水を生成






    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック