calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

メルマガ”ロハスニュース”

ロハスなニュースやお得情報を無料メールマガジンにてお届けいたします。是非ご登録下さい。
お名前

メールアドレス

不眠の解消には適度な運動が効果的

0
    こんにちは、美と健康ショップ「美健24」のホイッスルです。

    今回より、多くの人が悩んでいる「睡眠」についての情報をご紹介しています。



    なぜ、運動が不眠の解消に役立つのでしょうか。

    肥満の人は、睡眠中に無呼吸が起きやすいといわれています。

    「運動と食事に気を配り、のどの周りの脂肪を減らすだけでも、気道が広がり、睡眠時の呼吸がしやすくなる」ダイエットによる睡眠改善が期待できます。

    さらに、運動には別の効果があるようです。

    「睡眠は、体温と深く関係している」らしいのです。

    健康な人は、朝方になると体温が上がり始め、目が覚めます。夕方に体温が最高点に達すると、今度は下がり始め、次第に眠くなります。睡眠中も体温は下がり続け、眠りの終盤に最低になり、再び上がり始めるのです。

    こうした日中と夜の体温の高低差がはっきりしている人ほど、ぐっすり眠れるといいます。ところが、高齢になるほど活動量が減り、この差が小さくなり、眠りも浅くなってしまいます。そこで、運動の出番なんです。

    日中に運動することで、脳や筋肉の代謝(エネルギー消費)を上げ、体温を上げます。すると、体は夜に脳を休ませようと熱を外に放出、体温がより大きく下がり、深い眠りが得られる、というのです。

    運動をした方がよく眠れることは、国内外の数多くの研究で明らかになっています。ウオーキングや筋トレ、水泳など、自分に合った運動を、疲れすぎない程度に楽しめばいいようです。


    効果的な運動の時間帯 
    研究で、汗ばむ程度の1時間の運動を週替わりで朝8時半、夕方4時半、夜8時に行った結果、寝付きや熟睡感などが最も良かったのは夜の運動だったそうです。お勧めは「夕食の1時間半後、軽い疲れを感じる程度の運動を20〜30分」。
    (読売新聞 医療ルネサンスより抜粋)


    イオシーナの温熱・電位で快眠生活




    これは、親子のドラマとしても十分楽しめますね!

    ★メタボリック医療ドラマ「夏のゆずりは」

    第1話 闇討ち

    第2話 跡取り

    第3話 片親育ち

    第4話 瞼の父

    第5話 ごめんなさい

    第6話 腹の蟲

    第7話 甘え








    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック