calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

categories

archives

メルマガ”ロハスニュース”

ロハスなニュースやお得情報を無料メールマガジンにてお届けいたします。是非ご登録下さい。
お名前

メールアドレス

農業回帰で脳も刺激

0
    「体を動かし、土に触れ、野の風に吹かれると、細胞の一つ一つに精気が吹き込まれる感じがします」

    日本人初の宇宙飛行士として知られる元テレビ局記者の秋山豊寛さん(64)が福島県田村市の阿武隈山地で農業を始めて11年。
    その間、医療機関にかかったのは、歯石除去と背中のおでき治療だけだ。

    宇宙から地球を眺め、環境や食の安全をテーマに報道するうち、自ら食物を作る側に飛び込んだ。

    標高600メートルに農地と山林を50アールずつ購入し、地元の人に指導を受けながら始めた農業。
    気候に左右されるが、年5俵程度の米と約50種類の野菜を自給し、シイタケを販売する。

    朝5時起床、夜9時就寝。「日の出、日の入りに誘われる生物本来の生活リズムで体調が整う」

    近年、農業や田舎暮らしへの関心が高まっている。
    NPO法人「ふるさと回帰支援センター」が6都府県の都市住民5万人を対象に行った調査では、4割以上が「田舎暮らし」の希望を持っていた。
    同センターが昨年、東京都内で開いた「ふるさと回帰フェア」には、101自治体が参加、約1万5000人が来場した。
    団塊の世代の大量退職を控え、いずれも前年から倍増の勢いだ。

    秋山さんが暮らす田村市の隣、小野町には、中高年を中心に主に首都圏から30世帯以上が移住。
    農作業や作物交換を通じ、地域にとけ込んでいる。

    医療水準の地域間格差がある中、移住には不安も伴う。
    そこで都市と郊外を行き来するスタイルもある。

    横浜市の会社役員Nさん(59)は2年前、千葉県南房総市に中古の一戸建てを購入、畑を借り、月に数回、横浜と南房総を往復する。
    「農業もいいが、都会の華やかさや刺激ある暮らしも捨てがたい」と語る。

    社会の高齢化に伴い、健康長寿のために望ましいライフスタイルを探る研究が世界中で活気を見せる。

    スウェーデンのカロリンスカ研究所などで、75歳以上の776人を6年間追跡した結果、
    日常的に
    〈1〉体を動かす
    〈2〉頭を使う
    〈3〉社会参加する
    ――高齢者が最も認知症になる率が低かった。

    東京農大の松尾英輔教授(社会園芸学)は「農を取り入れた生活は、3要素を満たす」と指摘。
    農作業の運動強度の研究で、50歳代の男性が60日間、1日約5分、クワで耕すと、背筋力が25%上昇。
    クワを使った除草作業は、心拍数の計測から、ウオーキングと同程度の強度とわかった。
    農作業は適度な運動になる。

    農作業を教わったり、作物を交換したりすることが、共通の話題、体験になり、人の交流、社会参加を促す、との報告もある。
    野菜や果物の摂取はがんや認知症の予防につながるとされるが、農業を始めて「野菜に愛着がわき、食生活が変わった」という人も多い。

    阿武隈山地の秋山さん。
    「農で脳も刺激して、あと30年は、ぼけず、しっかり生きなくちゃ」と笑う。
    人生90年、元気をつくるのは、ライフスタイルそのものかもしれない。
    (読売新聞より)





    豊かな食材楽しんで

    0
      大腸がんと腎臓がん。国立がんセンターの垣添忠生総長(65)は自身が2度のがんを経験した。
      お酒が好きで、肉も魚もよく食べ、会食も多い。

      「がんの30%は食生活が原因と言われていますから」。
      7年前、早期大腸がんの治療後、食生活を改め、自分で料理も始めた。
      食べ過ぎず、飲み過ぎず、野菜や果物をしっかり取る。

      毎朝5時起床。
      新聞は、政治や経済だけではなく、家庭面も開く。
      気になる料理のレシピは、切り取ってファイル帳に保存。
      ごはんにみそ汁、焼き魚などの朝食は自分で用意する。
      電車で通勤して、午前7時には総長室で仕事開始だ。

      国民の2人に1人ががんになる時代。
      野菜や果物を多く取る人ほど、がんになりにくい、と国際的に認められ、個別の食品の機能についての研究も盛んだ。

      しかし近年、栄養成分ごとの比較研究は、効果に懐疑的な結果も多い。
      食物繊維による大腸がん予防の効果ははっきりせず、喫煙者がベータカロチンを大量に摂取するとかえって肺がんが増えた。

      国内のがん研究のトップに立つ垣添総長は、個々の成分にはこだわらず、「野菜をたくさん、おいしく食べる」と語る。
      妻に手料理をふるまうのも楽しみだ。

      国民の健康を改善するため、国が項目別に目標値を定めた「健康日本21」では、野菜の目標摂取量を1日350グラム以上とした。
      ところが昨年まとまった中間評価では267グラムと、目標を設定した5年前の292グラムから減少した。生野菜のサラダは見た目より重量が少なく、煮た野菜摂取の減少などが指摘される。

      その中で、中高年世代をターゲットに、サプリメント(栄養補助食品)など健康食品が広がりを見せる。

      市場調査会社の富士経済によると、健康食品の国内販売高は、1997年の約1兆1500億円から昨年には約1兆8500億円に増加。
      なかでも、生活習慣病に関連する商品は、約300億円だったのが約2300億円へと、8倍近くに跳ね上がった。


      一方、世界一のサプリメント大国、アメリカでは特定の栄養素を大量摂取する弊害への懸念から、規制への動きも出ている。昨年末には、製造・販売業者に対し、重い副作用が出た場合、国への報告を義務づける法律が成立した。



      老化防止のアイデアを取り入れた料理の食事会(先月31日、東京・千代田区で) 先月末、NPO(非営利組織)「元気な120才を創る会」が主催する食事会が東京都内のレストランで開かれた。料理のテーマは「認知症予防」。和、洋の一流シェフが腕をふるったのは、海藻サラダ、寒サバみそ煮の煮野菜添え、オリーブオイルで焼いた寒ブリ、五穀入りの中国風おこわなど11品目。

      長寿者の遺伝子研究などに取り組む医師で、東京都老人総合研究所の白沢卓二部長が監修。
      疫学調査などから分かった、認知症を防ぐ可能性がある野菜や魚が中心のメニューだ。

      「特定の栄養成分に着目した研究では、明確な効果は確認できていない。食物としての摂取に意味がある」と白沢部長。
      豊かな食材で料理を楽しむ――医師たちも食の基本に目を向けている。
      (読売新聞より)





      絞って緩めて体力アップ

      0
        「この年でも、到達できるんだ」

        東京都大田区のYさん(67)は昨年1月、アルゼンチンの南米大陸最高峰・アコンカグア(標高6959メートル)を極めた。
        現地入り17日目、時には馬で移動する厳しい行程だ。
        前年の欧州最高峰エルブルース(ロシア、5642メートル)登頂に続く挑戦だった。

        Yさんは大手コンピューター会社に技術者として勤務。
        山は好きだったが、仕事は忙しく、休日登山さえ難しくなった。
        関連会社を経て、62歳で退職後、海外最高峰への夢がわいた。

        5、6000メートルの高地は酸素濃度が地上の約半分。
        頭痛や吐き気、意識レベルの低下などを招く高山病の危険がある。

        70歳でエベレスト登頂に成功し、75歳での再登頂を目指すプロスキーヤーの三浦雄一郎さん(74)は、低酸素の訓練施設を東京都内で運営する。「海外を目指す中高年は増えている」と三浦さん。
        施設は希望者に開放し、1日おきに10キロを歩くYさんも、利用して身体を慣らした。登山熱はより高い目標へと向かう。

        東京都老人総合研究所の調査では、76歳以上の歩行速度はその10年前の65歳以上のペースに若返り、握力などの数字も向上した。身体能力の向上が、中高年の挑戦を支える。

        昨年、国土交通省が首都圏の団塊の世代を対象に行った「暮らし方」に関する意識調査(複数回答)では、「健康の維持・増進に気をつけて暮らす」が64%で1位。気軽な運動への関心も高い。

        「負荷は軽く短時間で効果がある」と近年、注目を集めているのが「加圧トレーニング」だ。
        腕や足の付け根を専用のベルトで圧迫して、足の曲げ伸ばしやダンベル運動などをする。1回の時間が10分程度と短くてよいのが特徴。
        スポーツジムなどで行われている。

        東京大大学院新領域創成科学研究科の安部孝・客員教授(健康スポーツ科学)によると、筋肉内の血流が制限されると、体が実際の負荷以上に「きつい」と感じ、たんぱく合成が増幅され、筋力がアップするという。実践者は20万人と言われる。

        トレーニングと言えば、体に負荷を与えるものだが、逆に体を弛緩(しかん)させる体操が、世界遺産の熊野古道で知られる三重県熊野市を中心とした紀南地域(3市町)から広がっている。それが「ゆる体操」だ。

        「ぷらぷら〜、ぷらぷら〜」。動きに合わせた言葉を唱えながら、手足をさすり、腰や背中をクネクネさせる。激しい動きはなく、貧乏ゆすりのような一見奇妙な動きなど100近い種類がある。

        「筋肉をゆるめた楽な動きで、血行などが改善する」という考えで、東京都内の武道家高岡英夫さん(58)が考案。
        岐阜大医学部の分析では、肥満や心理状態に良い効果が認められた。
        紀南地域では1997年に市民の健康づくりに取り入れた。ほかにも、全国6の自治体が採用している。

        限界に挑む、あるいは気楽に、中高年の運動は多様に広がる。

        (読売新聞より)

        退職したらまず脳トレ

        0
          信州・蓼科高原で1泊2日の「脳トレツアー」が実施された。
          「脳トレ」とは脳トレーニング(訓練)のこと。
          参加した20〜70歳代の約40人は、レザークラフトなど指先を使う作業の最中に、近赤外線を用いた光トポグラフィ装置で脳血流量を測り、活性度を調べた。

          脳に良い習慣を学ぶツアーを、と長野県茅野市の茅野商工会議所とJTBヘルスツーリズム研究所(東京都港区)などが企画した。

          日程には、手作業のほか、ハイキングや合唱などが盛り込まれている。
          企画に携わる諏訪東京理科大の篠原菊紀教授(47)(脳・人システム論)は「旅行を通じて、脳を活性化する食事や運動を指導するのが目的」と説明する。

          厚生労働省の推計では、65歳以上の認知症患者数は170万人。
          団塊の世代がすべてこの年代に達する2015年には250万人に増えるとされる。

          そんな不安を背景に、2003年ごろから脳トレ市場は活況を呈している。計算や漢字の書き取りなどを繰り返すことが認知症予防につながる可能性を専門家が指摘し、自習教材やゲームソフトが、中高年の人気を集める。

          矢野経済研究所によると、今年度の脳トレゲームの市場規模は230億円で、昨年度の約1・5倍に増えると見られる。工作や塗り絵による認知症予防効果もうたわれ、脳トレ関連市場は広がりつつある。

           「団塊の世代は定年退職後、認知症になる危険性が高い」

          警鐘を鳴らすのは、大脳生理学者の高田明和さん(71)(浜松医大名誉教授)だ。
          同期入社が多い団塊の世代には、出世競争に明け暮れた仕事人間が多い。
          退職後に新しい生きがいを見つけるのが下手で、家にこもりきりになる人も出てくると見る。

          刺激の少ない暮らしが、認知症を引き起こすアルツハイマー病の原因となることを、米国の研究者が1990年代後半に報告している。
          情報伝達の必要が減り、脳細胞が委縮、死滅するという。

          日本人の認知症の原因はほぼ半分が脳血管障害だが、米国では、アルツハイマー病が主流で、近年、研究が進んでいる。

          米アルバートアインシュタイン大が75歳以上の健康な男女469人を5年以上追跡した調査がある。チェスを1週間に2回以上行う人の認知症発病率は、週1回以下の3分の1以下だった。ダンスも同様の効果があり、クロスワードパズル、読書、散歩、水泳も予防に有効だった。

          そこで米アルツハイマー協会が認知症予防に勧めていることの一つが「SUDOKU」。規則に従い数字を埋める日本発のパズル「数独」のことだ。一方、携帯ゲーム機用の脳トレソフトは昨年、米国と欧州向けにも販売が始まった。

          「健康長寿国」日本は、認知症の予防法の開発では先進国。ただし、ニッポン発の脳トレ商品の真価が問われるのはこれからだ。

          (読売新聞より)

          姿勢と呼吸で若さ維持!

          0
            アンチエイジング(抗加齢)医学の世界に、「三筋後退」という言葉があるそうです。

            加齢とともに腹、上腕、太ももの3ヶ所の筋肉が衰える現象を「参勤交代」をもじって表現したそうです。

            猫背になり、下腹とあごが前に出る老人の姿。

            これに対し、NPO法人「アンチエイジングネットワーク」理事は「胸を張った姿勢」こそが、若々しさを演出するカギだと言っています。

            背筋を伸ばして胸を張る。

            あごは床と平行。

            下腹を引いてお尻をすぼめ、肩はいからせない。

            「姿勢がいいと、大きなおなかや肌のシミは視野に入らなくなるものです」

            30〜50歳代の女性20人が、正しい姿勢を意識して過ごした研究があります。

            2ヵ月後には、腹と尻のサイズは減少。

            目をつぶって片足で立てる時間が大幅に延び、肩こりは解消し、体調も改善していたそうです。

            研究メンバーで米国・マサチューセッツ総合病院の医師によると、姿勢を正すと、背骨と太ももの骨をつなぐ大腰筋(だいようきん)や、背骨を支える脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)など、体の中心部の体幹筋肉が鍛えられ、エネルギー代謝と血流も改善、健康度が増すとのこと。

            体幹筋肉はここ数年、欧米でも最も重要視されるようになった筋肉。

            スポーツ選手の競技力向上や高齢者の転倒予防には、強化が欠かせません。

            こうした筋肉に、呼吸が関係していることも、少しずつ分かってきています。

            中高年に人気があるウォーキング、ヨガ、座禅、フラダンス。

            東邦大医学部の教授(統合生理学)の研究では、一定のリズムで腹式呼吸を続けると、気分を安定させる脳内物質のセロトニンの分泌が増えることが明らかになったようです。

            セロトニンは、脊柱起立筋など、重力に逆らって身体を支える「抗重力筋」にも作用します。

            リズミカルな深い呼吸を続けると、姿勢がシャンとし、まぶたやほおなどの筋肉も引き締まり、顔つきが若返るということです。

            「姿勢と呼吸」は今、若さ維持の重要なキーワードになっているのです。



            こちらも要チェックですよ!!!

            ボディ・エンザイム(体内酵素)で中からアンチエイジング!

            老化の元凶・活性酸素を還元水で押さえ込め!

            ピクノジェノール配合のアンエイジング化粧品!







            | 1/1PAGES |